1.  > 
  2. News > 
  3. 「魔法のマット!?  エアートラックであなたもスタントマン!」

News 1,029 views

「魔法のマット!?  エアートラックであなたもスタントマン!」

魔法のマット1

著作者:lorenkerns

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

かっこいいですね〜!
まさに今、海外で大ヒット中の「エアートラック」です。日本ではまだマイナーなようですが、みなさまはご存知でしょうか?

 

ご覧のとおり、アクロバットの練習にはぴったりのグッツのように見えますね。

日本でも体操用マットをはじめとする、空気マットやウレタンマットなどがありますが、この「エアートラック」は数百万ある特殊な繊維を用いて設計されているため、平らな面を作りつつ、通常の空気マットよりもはるかに高いジャンプ練習を見込めると言われています。

 

せっかくなので、日本人を応援することも兼ねて

各競技でどのように使えるかを考えてみましょう!

 

■男子新体操競技(http://bit.ly/1rJV8kV)

魔法のマット2

13m四方のフロアマットいっぱいに美の世界を繰り広げてくれる、男子新体操。団体競技は「陸上のシンクロ」とも呼ばれ、その揃った演技と完成度の高いアクロバット(タンブリング)の組み合わせで世界中を魅了しています。びっくりなことに日本でしか見られない競技なので、希少度も高いことで有名です。エアートラックの場合、初歩的なA難度、バク転から、D難度 後方宙返り2回ひねりまで幅広く練習に使っていただくことができると思います。特に大学生からはトーマスやリゲッキュウなど触れる技も多いので、組み合わせ技で高さを用いる場合は跳躍の感覚を掴むのに持って来いです。

 

 

 

 

■アクロバットダンス(http://bit.ly/1rJX3Wy)

魔法のマット3

体操競技と芸術の融合、アクロバットダンス。身ひとつでアクロバットを表現しきっている唯一のダンスだと思います。日本でもサムライ・ロック・オーケストラなど、ミュージカル系の職業につながったりしていますが、ブレイクダンスやスタントマンのパフォーマンス度を高めるための基礎ともいえますよね。初歩的なバク転バク宙はもちろん、サイドアリアル、ロンダードなど床をしっかり踏み切った回転技の練習にはぴったり!

 

■体操競技(http://bit.ly/1rJXGPX)

魔法のマット4

オリンピックでも注目度が高い、体操競技。男子は床運動(ゆか)・鞍馬(あん馬)・吊り輪(つり輪)・跳馬平行棒鉄棒の6種目、女子は跳馬・段違い平行棒平均台・床運動の4種目が中心となりますが、身体全身を使い美を表現する姿は日本でも定評がありますね。エアートラックを使用となると、しなやかな動きが中心的な床競技の練習に使えると思います。ひねり技のコンビネーションの練習となると、踏み切るときの足の感覚を覚える必要がありますし、どれくらいの高さを要するかを把握しなくてはいけません。エアートラックを使用すれば「シライ」を成功させる鍵も見つかるかも!?

 

日本には様々なスポーツ・競技がありますが

これからの時代、跳躍が必要なアクロバット系競技こそ、エアートラックは必需品になると思います。使い方によっては、はじめに載せた動画のように気軽にアクロバットに触れるきっかけにもなりますし、長期で競技を続けてきた方であれば、新技の練習にはもってこいです!問い合わせをいただければ、さらに詳しい話が聞きたい!というかたは、「おさるの森」までお問い合わせください!

 

「エアートラック」のことなら「おさるの森」まで!

 

納品実績

おさるの森は、創業以来、国内外100社を超えるお客様へ納品してきました。その中の一部をご紹介させていただきます。ご参考ください

  • ひこばえ体操教室
  • 群馬県 体操部
  • 埼玉県 ひこばえクラブ
  • 新大阪キャプテン翼
  • 千葉県 幼稚園
  • 大阪 アクロバットスタジオ

おさるの森姫路キッズ体操広場関西ショールーム

住所:兵庫県姫路市町坪字棚田163-1
営業時間:24時間受付可能(事前予約制)

関西ショールームではからだを動かして遊べる体操広場を行っております。
おさるの森キッズ体操広場HPへ
エアトラックサンプルの1週間レンタルも絶賛受付中です!

お問合わせはこちら

関東ショールームKANTO SHOWROOM

住所:埼玉県越谷市平方162-3
営業時間:24時間受付可能(事前予約制)

展示品の販売も行っておりますので、是非一度遊びに来てください!
エアトラックサンプルの1週間レンタルも絶賛受付中です!

お問合わせはこちら

  • お問合わせをする
  • Facebookを見る
  • Twitterを見る
  • ページトップへ戻る